患者の負担が軽減された内視鏡検査

人間ドックやがん検診で内視鏡を受けられたことは少なくないかと思います。内視鏡は病変を医師の目で直接確認することができる優れた医療器械で、超音波内視鏡・拡大内視鏡などより詳しく調べられるよう年々進化しています。

検査技師の技術が問われる

しかしその一方で、内視鏡を口から挿入する際に「オエッ!」となるなどの不快感があり、受診者の精神的な負担があったことも事実です。そこで最先端の技術をより苦痛が少ない方向に進化させた医療機器が登場してきています。近年注目を集めているのが「経鼻内視鏡」と「カプセル内視鏡」です。

内視鏡は技術の進歩とともに少しずつ細くなり、鼻から挿入できる「経鼻内視鏡」が登場しました。従来は口から挿入するのが当たり前だったのですが、通り道でどうしても舌の付け根に触れ、敏感な人だと嘔吐反射が起こります。

しかし、鼻から挿入すると下の付け根を触らないため、ほとんど嘔吐反射が起こりません。もちろん鼻といえば敏感な場所ですから十分な下準備が必要ですが、実際検査を受けてみて「鼻からのほうが楽」で「次回も鼻からの検査を希望する」方が9割以上とのデータもあります。「検診で精密検査が必要と言われた」方、「胃の調子がどうも悪い」方、心配なさらずに一度内視鏡を受けられればいかがでしょうか。

さらに画期的なのが「カプセル内視鏡」です。これは幅11mm、長さ26mmの「カプセル」型の内視鏡を飲み薬のように飲み込み、カプセルが連続的に撮影した画像を体外に取り付けた受信機に送り、後で医師が読影するというものです。

医師が体内のカプセルを操作することはできないため、胃や大腸のような複雑な管腔の診断には限界がありますが、比較的構造が単純で他の検査法が困難な小腸の病気の診断には威力を発揮します。特に原因不明の消化管出血の診断には有力な検査法です。