クラミジアは心臓病やエイズも誘発するSTD(性感染症)

感染症はノロウイルス、サルモネラ、コレラのように不衛生な環境が原因となるタイプのほか、人間同士の密接な接触、すなわちキスやセックスで感染するもの があります。これがSTD(性感染症)と呼ばれるもので、20種類以上存在しています。その代表は、性器クラミジア、トリコモナス膣炎、梅毒、B型肝炎、尖形コンジローム、エイズなどです。

婦人科の医師に相談

日本国内における性感染症の年間感染者数は約500万人と推測されており、なかでもクラミジアの感染率が高く、男女合計した性感染症の半数近くを占めています。特に10代後半から20代の若い世代に流行しており、注意喚起がなされています。

性器クラミジアはクラミジア・トリコマチスという細菌が性器に感染することで発症する病気です。クラミジアに感染すると男性では約2週間の潜伏期間後にペニスの先から透明な膿が出てたり、排尿時の痛みなどが現れます。ただし、女性の場合は子宮頚管に感染しても自覚症状が現れないケースの方が多いので注意が必要です。

感染を放置していると、男性では尿道炎や副睾丸炎、女性では子宮卵管炎や子宮頚管炎のリスクがあり、子宮頚管炎が進行して骨盤腹膜炎になると、卵管が詰まって不妊になることがあります。

また、クラミジアに感染するとエイズを発症させるHIV(人免疫不全ウイルス)への感染リスクが上昇します。HIV陽性者とコンドームを着用せずにセックスを行った場合の感染率は1~10%と推定されていますが、クラミジアに感染するとこの数字が3~5倍上昇するとされています。

感染リスクが大きく上昇する理由は、クラミジアを撃退しようと、免疫系のヘルパーT細胞が感染部位に接近しますが、HIVはこのヘルパーT細胞を破壊してしまうからです。したがって、クラミジア感染の増加はHIV感染を誘発することになるのです。

そのほか、アメリカ心臓協会(AHA:American Heart Associationでは、心臓病の患者からクラミジアが高率で発見されていおり、心臓病をも誘発させるリスクが指摘されているため、こちらも注意が必要です。

性器からの膿、排尿時の痛み、おりものの異常(臭い・色の変化)は、典型的な性病の症状です。性病の感染を疑ったら、病院で検査を受けることが大切です。医師からクラミジアと診断されたら、パートナーも一緒に病院を訪れて、治療を行います。

クラミジアの治療は、ミノサイクリンやドキシサイクリンといったテトラサイクリン系抗生物質を服用すれば、2週間ほどで治ります。予防はセックスの際にコンドームを使用するだけで、感染率を大きく下げることができます。

子供を感染症から守る予防接種

赤ちゃんが生後3ヶ月を過ぎると、お住まいの自治体から予防接種の通知が送付されてきます。これは保険所などの指定機関で決まった期間に受ける、いわゆる国によって定められた予防接種(定期接種)です。接種を受ける年齢は法律で定められていて、無料もしくは一部補助の形で、BCG、はしか、風疹などの接種を受けることができます。

診察をする医師

自治体から通知が来る定期接種以外にも、受けたい人だけが有料で病院で受けるものもあります(任意接種)。水ぼうそうやおたふく風邪はこのタイプになります。また、インフルエンザや日本脳炎などの病気が流行しそうなときに臨時的に接種するものは臨時接種と呼ばれています。

通知が来た予防接種は受けないからといって法律で罰せられるようなことはありませんが、大事な赤ちゃんを病気から守り、ほかの赤ちゃんや子供達への感染を防ぐためにも受けておくのが安心です。接種を受ける際のポイントは次のとおりです。

まず保健所や病院へ行く前日や当日はあまり疲れさせないように注意しましょう。病院で熱がないかどうかをチェックしますが、発熱があると接種は受けられませんので、家を出る前にあらかじめ熱を測っておきましょう。2~3分高い分には問題ありませんが、それ以上の場合は見送りましょう。

湿疹やアレルギーなどで受けられない場合もありますので、持病があったり、病気で通院中の場合は医師に相談してください。また、過去に痙攣を起こしたことがある場合は、1年間は集団接種を受けることはできません。

接種を受けた後は、注射したところを直後に軽くもみほぐします。「安静にするように」といわれることもありますが、暴れたりしなければ、普段通りの生活で問題ありません。滅多なことにはありませんが、副作用が出ることもあります。

生きた病原体を弱めて注射して、体の中に免疫を作らせる「生ワクチン」の場合は、数週間後に副作用が出ることもありますので、接種後はしばらく注意して、いつもと違ったことがないかを観察するようにしましょう。高熱やけいれんが見られた場合は、至急医師に連絡を取りましょう。

患者の負担が軽減された内視鏡検査

人間ドックやがん検診で内視鏡を受けられたことは少なくないかと思います。内視鏡は病変を医師の目で直接確認することができる優れた医療器械で、超音波内視鏡・拡大内視鏡などより詳しく調べられるよう年々進化しています。

検査技師の技術が問われる

しかしその一方で、内視鏡を口から挿入する際に「オエッ!」となるなどの不快感があり、受診者の精神的な負担があったことも事実です。そこで最先端の技術をより苦痛が少ない方向に進化させた医療機器が登場してきています。近年注目を集めているのが「経鼻内視鏡」と「カプセル内視鏡」です。

内視鏡は技術の進歩とともに少しずつ細くなり、鼻から挿入できる「経鼻内視鏡」が登場しました。従来は口から挿入するのが当たり前だったのですが、通り道でどうしても舌の付け根に触れ、敏感な人だと嘔吐反射が起こります。

しかし、鼻から挿入すると下の付け根を触らないため、ほとんど嘔吐反射が起こりません。もちろん鼻といえば敏感な場所ですから十分な下準備が必要ですが、実際検査を受けてみて「鼻からのほうが楽」で「次回も鼻からの検査を希望する」方が9割以上とのデータもあります。「検診で精密検査が必要と言われた」方、「胃の調子がどうも悪い」方、心配なさらずに一度内視鏡を受けられればいかがでしょうか。

さらに画期的なのが「カプセル内視鏡」です。これは幅11mm、長さ26mmの「カプセル」型の内視鏡を飲み薬のように飲み込み、カプセルが連続的に撮影した画像を体外に取り付けた受信機に送り、後で医師が読影するというものです。

医師が体内のカプセルを操作することはできないため、胃や大腸のような複雑な管腔の診断には限界がありますが、比較的構造が単純で他の検査法が困難な小腸の病気の診断には威力を発揮します。特に原因不明の消化管出血の診断には有力な検査法です。